ソフトウェア・アーキテクトとソフトウェア開発者:その違いは?

前書き

ソフトウェア・アーキテクトとソフトウェア開発者という言葉を、同じ文脈で同じように使っているのをよく耳にするはずだ。 しかし、どちらも違うというのが事実だ。 多くのマネジャーやトップレベルの経営幹部は、いまだに一方と他方を混同し、用語を取り違えている。 ソフトウェア・アーキテクトとソフトウェア開発者は、一見すると似たような役割を担っているように見えるが、両者には大きな違いがある。 この記事では、この2つの違いと、ある特定の状況ではもちろん重複する責任を持ちながらも、一方が他方と異なる理由を探っていく。

ソフトウェア開発者とソフトウェア・アーキテクト、あるいはそのどちらかを雇いたいと思っているなら、この記事は正しい選択をするのに役立つだろう。 それぞれの役割について詳しく説明しましたので、より理解を深めていただき、適切な人材を採用することでプロジェクトを前進させることができます。

ソフトウェア開発者もソフトウェア・アーキテクトも、構築するソフトウェアの種類によってさまざまな役割を担っている。 両者にはそれぞれ異なる責任があるが、ソフトウェア開発者とアーキテクトには、高品質のソフトウェア・ソリューションを生み出すという共通の目標があると言っていいだろう。

ソフトウェアアーキテクトの役割を熟知する

ソフトウェア・アーキテクトとは、ソフトウェア・システムの全体構造を管理する人のことである。 その役割は土木エンジニアとほぼ同様で、ソフトウェア・アーキテクチャ全体の設計図を作成する。 ソフトウェア・アーキテクトは、ソフトウェアのアーキテクチャー的な角度を、所属する組織の見解と明確に一致させる。 彼らはソフトウェアの開発プロセスを構成するが、必ずしもコーディングのニュアンスを知る必要はない。 しかし、コーディングの知識があればもちろん有利だ。

ソフトウェア開発は広大な分野であり、製品のアーキテクチャー面を扱い、ソフトウェア開発プロジェクトの各段階で重要な役割を果たす専門家が必要である。 企業によっては、技術に精通し熟練したソフトウェア開発者とともに、精通したソフトウェア・アーキテクトの存在を強く求めるところもある。 なぜなら、ただコードを書き連ねるだけでなく、ソフトウエアのプランニングやオーガナイズを担当する人材が必要だからだ。 建築家は特にコードを書く必要はないが、コードの書き方に影響を与える重要な決定を下す。

どのツールを書くかまで決める

ソフトウェア・アーキテクトは、どのコーディング・ツールを使用するかを決定することができ、開発者チームを納得させることができなければならない。特にモバイル・スタックに関しては、彼らの選択がソフトウェア・プロジェクトの成功の確率と程度に直接影響することが多いからだ。

彼らは、どのコーディングや開発基準について発言権を持つ。

どのような開発標準を使用するかというソフトウェア・アーキテクトの助言は、ソフトウェア・プロジェクトの進行、さらにはクライアントや利害関係者の要求との整合性を決定する。 コーディングやダイアグラムにおけるハイレベルなコンセプトの知識は、プロジェクトの成功に欠かせない。 多くの場合、コード例、プロトタイプ、概念実証などを書くのはアーキテクトだ。 彼らはチーム内で使用され、再利用される様々なモジュールを書く。

プロジェクトにおける技術者と非技術者の橋渡し役

ソフトウェア・アーキテクトは、ソフトウェア開発チームとプロジェクトに関わる技術者以外の人々とのコミュニケーションを図る優れたコミュニケーターである。 また、プロジェクト・マネージャーと協力してワークフローを整理し、チームの目標達成をサポートする。 だから、彼らは技術的な配慮の実現可能性を認識していなければならない。 プロジェクト・マネージャーとソフトウェア・アーキテクトに共通点があるかというと、両者には違いがある。ソフトウェア・アーキテクトはプロジェクトの技術的側面に重点を置き、プロジェクト・マネージャーはプロジェクトの市場側面に重点を置く。

ソフトウェア・エンジニアの役割を熟知する

コンピュータ・サイエンスのバックグラウンドを持つソフトウェア・エンジニアは、ソフトウェアがどのように構築されるかを研究する。 そのため、ソフトウェア開発、テスト、品質分析、メンテナンスに関連するすべてに対応することになる。 プロジェクトの範囲が広いため、ソフトウェア・エンジニアには、ソフトウェアの品質をチェックし、プロジェクトの品質や作業効率を損なう可能性のあるバグやエラーを特定する品質分析エンジニアのような、多くのサブロールがあります。

様々なツールやテクノロジーに関する知識

ソフトウェア・エンジニアは、プログラミングに使用されるツールや技術、特にJava、Python、C++、JavaScriptに精通し、最新のトレンドや技術に精通していなければならない。 エンジニアはEclipseやVisual Studio Codeのような統合開発環境(IDE)のすべてを知っていなければならず、例えばJenkinsやTravis CIなどの継続的インテグレーションと継続的デプロイメント(CI/CD)ツールを知っていなければならない。 GitやSVNのようなバージョン管理システムの扱い方も知っていること。

コンピュータ・サイエンスの知識を深める

ソフトウェア・エンジニアは、ソフトウェア工学のバックグラウンドを持っているだけでなく、ソフトウェア工学に関わる原理を深く理解していなければならない。 これは、コードの品質と機能性を向上させ、将来起こりうる問題を回避するのに役立つ。 問題解決能力を磨き、コードをよりよく理解し、デバッグするのに役立つだろう。

では、役割の重複はどこで起こるのか?

ソフトウェア開発者とソフトウェア・アーキテクトの役割は大きく異なるが、重複する責任もある。 では、それは何なのか?

彼らは同じスキルを共有していることが多い。 両者ともコーディングを熟知している必要があり、ソフトウェア開発のビジョンや目的を形作り、実行するために働く。 この2つの役割は、今日非常に需要がある。

誰を雇うべきか?

先に説明したように、ソフトウェア・エンジニアとソフトウェア・アーキテクトの両者は、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて不可欠な役割を担っている。 ソフトウェア・エンジニアとアーキテクトは、それぞれ異なる必須スキルをもたらす。 特に、プロジェクトが両方のスキルや能力を必要とする場合には、両方が必要になることもある。 実際のコーディング部分に集中し、適切な方法でソフトウェアを実装してほしいなら、ソフトウェア・エンジニアを雇うべきだ。 一方、専門家のアドバイスが欲しく、ソフトウェアの全体的な設計や構造など、ソフトウェアの主要な側面を担当して全体像を見てくれる人が欲しい場合は、ソフトウェア・アーキテクトを雇う。

結論

ソフトウェア・アーキテクトは、企業が自社のソフトウェア製品に特定のニーズを必要とする場合に大きな需要がある。 技術専門家は、業界特有の機能についてアドバイスが必要な場合、ソフトウェアアーキテクトの意見を頼りにする。 そのため、採用するアーキテクトがシステム・アーキテクチャ、プロジェクト管理、ビジネス分析にも精通していることを確認してほしい。 場合によっては、複数のソフトウェア・アーキテクトが、異なる製品ラインを持つ大規模で複雑なプロジェクトに携わり、ソリューション・アーキテクトもプロジェクトにおける技術的なガバナンスを提供する。 ソフトウェア開発者を雇えば、コードを書いてテストし、アーキテクトと協力してシステムのニーズに従って作業を進めることができる。

興味深いリンク:

ソフトウェア・アーキテクトとソフトウェア・エンジニアの違いを知る

ソフトウェアアーキテクトのスキル、責任、給与は?

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください