ソフトウェア・アーキテクトの仕事とは?

ソフトウェア・アーキテクトの仕事とは?

前書き

以前の記事で、ソフトウェア・アーキテクトについて、その役割がソフトウェア開発者とどのように異なるかについて述べた。 ソフトウェア開発に関して、ソフトウェア・アーキテクトが何をするのかについて少し触れた。 ソフトウェアアーキテクトとその仕事に関するこの新しい投稿では、ソフトウェアアーキテクトの機能と責任について少し深く掘り下げ、あなたの会社のソフトウェアプロジェクトの要件にソフトウェアアーキテクトを雇う必要がある理由を説明します。

コードを書くだけでなく、ソフトウェアアーキテクトはソフトウェア開発の基礎を形成する

ソフトウェア・アーキテクトは、ソフトウェア開発を支える先見の明があるとみなされることが多く、複雑なものを含むあらゆる種類のソフトウェア・システムの設計と実装に携わる。 彼らはソフトウェアの成功を左右するため、その仕事に適した人材を採用することが非常に重要なのだ。 技術的な基準も念頭に置きながら、ハイレベルな設計を選択し、ビジネスリーダーとして行動する。

その名が示すように、ソフトウェア・アーキテクトは、ソフトウェア・プロジェクトの上位構造やアーキテクチャを定義する。 主要なコンポーネントとインターフェイスを定義し、それ以外にもいくつかの任務を果たす。

ソフトウェア・アーキテクトの雇用は余分な出費か?

違う! ソフトウェア・アーキテクトは、優れたコーディングができ、ビジネスの技術的側面に精通しているため、会社の資産となる。 なぜなら、彼らはソフトウェアの成功のために重要な役割を担っているからだ。

多くの場合、7~9年の経験を持つような経験豊富なソフトウェア開発者が、ソフトウェア・アーキテクトの役割を果たすことができる。 通常、すべてのアーキテクトはジュニア開発者としてスタートし、ソフトウェア開発とビジネス技術両方の経験を積むことでステップアップしていく。 ソフトウェア・アーキテクトの雇用は、コーディング部分とビジネス部分というプロジェクトの両面をカバーするため、余分な出費にはまったくならない。 つまり、コーディングが大好きな開発者たちは、ビジネス的な側面にも気を配りながら仕事を続けることができるのだ。 給料もいい。

ソフトウェア・アーキテクトの職務と責任

先に説明したように、それはソフトウェア開発者である:

  • ソフトウェアシステムのアーキテクチャを定義する
  • プロジェクトと展開方法に適したテクノロジー・スタックの選択
  • 主要コンポーネントとコンポーネント間の相互作用を決定する。
  • プロジェクトの非機能要件と機能要件を検討する。
  • 開発期間の見積もり
  • UML(統合モデリング言語)の作成と使用
  • 効率的なDevOps環境の構築
  • ソフトウェア開発ライフサイクル全体のオーナーシップ

これらは、ソフトウェア・アーキテクトの単なる責務ではなく、彼らが携わる企業において非常に重大な役割を担っている。

アーキテクトは、プロジェクトに関わる他のチーム、利害関係者、経営陣と共有する一般的なアーキテクチャー・ビジョンを提供し、全員が同じ見解を持つようにする責任がある。

建築プロジェクトと同じように、アーキテクトはソフトウェア開発プロジェクトの ダイアグラム、設計図、回路図の作成において 決定的な役割を果たす。 これらは、ソフトウェア開発者がコードを作成する際の基礎となる要素である。 アイデアの種があれば、そのアイデアを発展させるための確固たる建設的な何かがなければならないからだ。

UML(統一モデリング言語)には、誰もが理解し、従うことができる標準があり、一部の人しか理解できない独自の図解スタイルよりもはるかに優れている。 チームが変わり、新しい人が入ってきたとしても、彼らはプロジェクトのアーキテクチャ全体を理解できなければならない。そのため、すべてのソフトウェアプロジェクトで、より標準化されたダイアグラムフォーマットを作成するきっかけとなった。

ソフトウェア・アーキテクトの仕事は、種となるアイデアからプロジェクトを調査・評価し、必要な技術標準やツールを検討することから始まる。 プロジェクトを小さな目標に分解し、ソフトウェア開発チームにタスクを委任する。 彼はまた、プロジェクトの構成を図の形で共有し、プロジェクトがスタートする。 アーキテクトは、テスト期間と品質保証期間中に大いに活躍する。 多くの場合、ソフトウェア・アーキテクトはプロジェクト中にコードの一部も書く。

ソフトウェア・アーキテクトは、戦略的計画立案能力、技術力、驚異的な先見性、リーダーシップが必要とされるため、非常に重要な仕事である。

戦略立案スキル

建築家は企業の管理者や利害関係者と密接に協力し、初めてプロジェクトの根幹を打ち出す。 プロジェクトの目的、非機能的な制約、機能的な要求事項を考慮した上で、将来を見据えて設計を行う。 彼らの戦略的プランニング能力は、プロジェクトをスケーラブルにし、将来の変化に適応できるものでなければならない。

技術力

技術的スキルの一環として、ソフトウェア・アーキテクトは設計と機能コンポーネントの概要を説明し、使用する技術スタックを定義しなければならない。 こうして、建築家は仕事のためのユニークな設計図を考え出す。 さまざまな技術やフレームワークに関する深い知識が必要とされるため、これは経験によってのみもたらされる。

驚くべき先見の明

プロジェクトを崩壊から救うのは、建築家の経験と先見性である。 その過程で起こりうる複雑な技術的課題を解決し、プロジェクトのパフォーマンスやセキュリティに影響する問題に対処できなければならない。 彼らの問題解決能力と批判的思考力は、ここでも有効だ。

効率的なコラボレーションによるリーダーシップ

建築家は、ステークホルダーからデベロッパーまで、プロジェクトに関わるすべての人とうまくコミュニケーションができなければならない。 彼は、自分が本当にプロジェクトの手綱を握っていて、プロジェクトのすべての段階を完全に把握しているのだと納得させなければならない。 ステークホルダーは、プロジェクトの技術的な概念にあまり詳しくないかもしれないので、それをシンプルで理解しやすい言葉に置き換えて説明するのがアーキテクトだ。 こうすることで、ステークホルダーもまた、プロジェクトの形が自分たちのビジョンと一致していることに納得する。

ソフトウェアアーキテクトに求められるスキル

そこで、ソフトウェア・アーキテクトが持つべきスキルを簡単に見てみましょう。 上記の役割と責任を念頭に置き、アーキテクトには優れた能力が求められる。

  • 問題解決能力
  • リーダーシップ・スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 戦略的思考
  • 技術力
  • 適応性
  • ビジネス・センス
  • 先を読む力
  • コラボレーションとチームワーク

もちろん、プロジェクトの範囲にもよるが。

結論

このように、ソフトウェア・アーキテクトは、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて非常に重要な役割を担っている。 ソフトウェア開発業界においても、アーキテクトはトップクラスの収入源であり、その役割は非常に重要であるため、優秀なアーキテクトの需要は非常に高い。 複雑なプロジェクトにとって非常に重要であり、開発者に力を与え、仕事をするための強固な基盤を与えるという重要な役割を担っている。 開発チームのメンターや知識ベースとなり、さまざまな開発チームと経営陣との橋渡し役として機能する。 ソフトウェア・アーキテクトの能力と価値は決して過小評価されるものではなく、彼らは明確な計画によってプロジェクトの開発段階を容易にする。

興味深いリンク:

ソフトウェア・アーキテクトの役割とは?

ソフトウェアアーキテクトソフトウェア・アーキテクトとは?

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください