ソフトウェア開発におけるリスクの低減方法

ソフトウェア開発におけるリスクの低減方法

前書き

ソフトウエア開発は複雑なプロセスであり、ソフトウエア開発を簡単にするための技術やソフトウエアはたくさんあるが、それでも注意すべきリスクはある。 ソフトウェア開発におけるリスクを軽減する方法を学ぶことで、ソフトウェア開発作業はより容易になる。

そう、その通りだ! ソフトウェア開発にはそれなりのリスクが伴うが、ある賢い対策を講じればリスクを軽減することができる。 この記事では、ソフトウェア開発プロジェクトを大成功に導くための、万全の対策について説明する。

ソフトウェア開発のリスクと解決策

ソフトウェア開発につきもののリスクと、その解決策をいくつか見てみよう:

範囲が明確でない

プロジェクトの範囲を理解することは非常に重要であり、ソフトウェア開発に伴うリスクを排除する方法のひとつである。 プロジェクトのスコープは、どれだけの作業を行うか、アプリケーションで開発する必要がある機能などを決定する。 スコープがきちんと定義されていれば、ソフトウェア開発プロセスはスムーズに進む。

その解決策は 経験豊富なソフトウェア開発者と仕事をするか、プロジェクトの範囲を理解してから仕事をするソフトウェア開発会社と仕事をすることです。

プロジェクトの範囲を理解することは、プロジェクトの成功に正比例する。 しかし、これは共同作業でなければならない。つまり、開発チームはクライアントにフィードバックを提供できなければならない。 彼らは、プロジェクトを完了させる最善の方法を決定するための提案をしてくれるかもしれない。 また、プロジェクトのスコープをカバーするために必要な予算が十分かどうかも対象となる。

適切な人材がいない

これはおそらく、ソフトウェアを開発・発売しようとしているすべての企業にとって悪夢だろう。 なぜなら、彼らはあなたの夢を現実に変えることができるからだ。 プロジェクトの要求事項を理解していると言いながら、それを実現できない例はたくさんある。 さらに、言葉や文化、その他の迷走のためか、彼らとの適切なコミュニケーションがとれない場合、さらなる負担がのしかかる。

この解決策 適切な人材が在籍しているかどうかを知るには、チームと詳細なディスカッションを行い、彼らの開発プロジェクト、これまでに手がけたプロジェクト、テスト戦略などを理解すればよい。 あなたのプロジェクトについて彼らと話し合い、彼らが何をすべきかを理解しているかどうかを判断することができる。 彼らがその仕事にふさわしい人材だとわかるまで、常にコミュニケーションを取り続けること。

最初に要件を伝えなかった

私たちは、お客様のプロジェクトに適したソフトウェア開発会社を見つけるには時間がかかることを知っています。 そのため、適切なチームを得るために十分な時間を費やさず、要件を正しく伝えられないことも、最終的に高くつくリスクとなる。 余分なコストや品質の低下、プロジェクト納期の遅れにつながりかねない。 やがて、そのチームが自分の求めていたものではなかったことに気づくかもしれない。 コミュニケーションを怠るというのは、プロジェクト文書をチームに渡しておきながら、彼らが成果物に関するすべての情報を持っているかどうかを調べようとしないことも含まれる。

その解決策は:コミュニケーションが鍵である。 プロジェクトの最初の段階から定期的にビデオ通話や音声通話を行い、全員が同じ見解を持っていることを確認する。 このために共有リポジトリをインストールすれば、両者がプロジェクトの範囲や期限などを確認できる。

プログラミング言語の選択でミスを犯す

間違ったテクノロジーを使うと、生産性が低下し、コストが増大することで、プロジェクトが破たんすることがよくある。 選択したプログラミング言語を使用することは、開発プロセスの望ましい結果を変えてしまう可能性があるため、コスト高になる可能性がある。

その解決策はパフォーマンス、互換性、柔軟性など、プロジェクトに最適なプログラミング言語を選ぶこと。 開発チームがあるプログラミング言語に精通しているからといって、安易にそれを採用してはいけない。

多すぎるプログラミング言語

さまざまなプログラミング言語の複雑さをどう扱えばいいのかわからない開発者は、自分たちがロープの端っこにいることに気づくかもしれない。 プロジェクトの管理、デバッグ、文書化が難しくなる可能性がある。

その解決策は:互いに補完し合い、プロジェクトの異なる側面に取り組むプログラミング言語を選択すること。 開発者チームは、複数のプログラミング言語で作業する場合、ロジック、パラダイム、要件を理解しなければならない。 開発がより簡単になり、存在するかもしれない他の多くの問題を解決することができる。

一貫したコーディング標準を使用していない

開発者は一貫したコーディング標準を使用しないことがあり、これはコードの書き方、フォーマット、整理の仕方に影響する可能性がある。 これはコードの構造、スタイル、ロジックに影響を与え、最終的にはエラー、バグ、脆弱性につながる可能性がある。

この解決策 – 開発者が各言語のベストプラクティスに従うことが重要である。 リンター、フォーマッター、コード・アナライザーなどのツールを使うことも、ベスト・プラクティスを把握するのに役立つ。 そして最後に、開発者は従った標準を文書化し、それを共有することで、誰もが何が行われたかを認識できるようにしなければならない。

リスク軽減計画の策定

各プロジェクトの開始時に、開発者はリスク軽減計画を策定しなければならない。 リスクプランがないこと自体が大きなリスクであり、プロジェクトのゴール全体に影響を与えかねないからだ。 適切なリスク軽減計画を立てることで、リスクを排除し、プロジェクトをスケジュール通りに進め、プロジェクトを評価し、さらにはプロジェクトにおける将来のリスクを排除するための資金を割り当てることができる。

この計画はそうあるべきだ:

  • 各プロジェクトに関連する潜在的なリスクを特定し、評価する。
  • ブレーンストーミング、リスク分析ワークショップ、チェックリストなどの手法を実施し、リスクを抑制する。
  • リスク軽減計画の策定
  • ソフトウェアの技術リスク、運用リスク、ビジネスリスクを認識する。

例えば、プロジェクトが期限内に完了しないことがリスクであり、期限を守ることがプロジェクトの成功に不可欠である場合、リスク軽減計画の一環として、チームの規模を大きくする、プロジェクトを小さなタスクに分割する、タスクをより正確に割り当てる、リソースを追加する、などが考えられる。 ソフトウエアは、最終的には、会社のより広い目標や目的に対応するものでなければならない。

結論

リスクは静的なものではなく、いつでも顕在化することを忘れてはならない。 新しいものがいつでも出現する可能性がある。 そのため、新たなリスクを認識し、評価し、即座に解決策を見出すために、継続的なリスク監視プロセスを導入する必要がある。 ステークホルダーと効果的にコミュニケーションをとり、プロジェクトに関連するリスクを常に把握しておく必要がある。

興味深いリンク:

ソフトウェア開発とは:定義、プロセス、種類

ソフトウェア開発におけるリスクとは?

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください