ブルガリアでのソフトウェア開発:なぜそれが良い選択なのか?

ブルガリアでのソフトウェア開発:なぜそれが良い選択なのか?

今、ソフトウェア開発業界は大きな局面を迎えています。 多くの企業が、開発者を希望する国から採用しています。 中でもブルガリアは最も人気があり、多くの人に選ばれています。 ITハブなどのインフラを整備し、Web開発産業の急成長国となっています。

国内外に優れた技術環境を提供することで知られています。 そのため、世界中の企業がアウトソーシングという選択肢に魅力を感じているのです。 この記事では、この国の開発産業の概要と、その理由を紹介します。

何が優れているのか、なぜなのか?

ブルガリアが多くの企業にとって好ましい選択肢である理由は何でしょうか。 欧米企業の多くは、現地企業から採用するよりも、その国の開発者と一緒に仕事をすることを好みます。 国内には、Java、JS、Python、PHPの開発に特化した企業が複数存在します。 この国が誰にとっても良い選択であることを示す、さまざまな理由を確認してみましょう。

  • 優秀な開発者が豊富
  • コミュニケーションスキル
  • 技術的な知識
  • 地理的位置
  • 開発費の節約

1.優秀な開発者が豊富

この国には、業界の資産であるソフトウェア・エンジニアの人材が育っています。 さらに、工学教育プログラムやITインフラの拡充にも多くの投資を行っています。 この国の新卒IT技術者の熟練度、正確さ、能力は、その人気を著しく高めています。

  • フルスタックやフロントエンド、バックエンドのプログラミングなど、IT人材が豊富なことから、ヨーロッパのシリコンバレーと呼ばれている。
  • 新卒のソフトウェア技術者数および正規雇用のIT技術者比率は、全国的に大きく増加しました。
  • そのため、国や開発産業のアウトソーシング能力は常に向上しています。

2.コミュニケーション能力

ご存知のように、コミュニケーション能力の高さは、ソフトウェア・アウトソーシング・プロジェクトを成功させるかどうかを左右します。 ブルガリアの開発者はコミュニケーション能力に優れており、これも多くの企業がブルガリアから開発者をアウトソーシングしたり、雇ったりする理由の一つです。

  • 前述したように、少なくとも1つの外国語を知っている状態で高校を卒業できるような、優れた教育システムがあるのです。
  • その意味がわかったところで、「平均年齢15歳から34歳の人口のうち、英語をよく話す人は28%」と言われても、納得していただけると思います。
  • 国内の70%の企業が英語を使用するため、そこの開発者が採用される際には、言葉の問題は発生しません。

3.技術的な知識

前述の通り、様々なプログラミング言語や技術に精通したプログラマーが揃っており、ソフトウェア開発には最適な立地と言えるでしょう。 C#、Java、JavaScript、SQL、PHPなどは、ブルガリアの開発者が得意とする言語です。 Pythonを使いこなすプログラマーは10%を超えている。

さらに、アジャイルソフトウェア開発手法をいち早く取り入れた。

このように、この国には優秀な開発者がいることも、この国でのウェブ開発が世界的に人気を集めている理由のひとつです。

4.地理的位置

西ヨーロッパと中央ヨーロッパに近いという好立地にある。 また、EU加盟国であることから、物価の高い西ヨーロッパ諸国の開発会社がアウトソーシングを行う際の最有力候補となっています。

  • ほとんどのヨーロッパ諸国は、ブルガリアのIT企業と同じタイムゾーンにあります。
  • 米国企業の時差は9時間から12時間ですが、それでも営業時間が重なることはあります。
  • アウトソーシングプロジェクトでは、ベンダーとのリアルタイムなサポートやコミュニケーションが不可欠なため、これを大きなメリットと捉える企業も少なくありません。

5.開発費の節約

ヨーロッパ諸国の中で時間当たりの人件費が最も安いため、ブルガリアをソフトウェア開発に選ぶことで、人件費を節約することができます。 政府は国内外の企業に対して税制上の優遇措置を講じており、その結果、企業の税率は低く、国内のWeb開発コストに影響を与えています。

したがって、この国のエンジニアの平均給与は、米国や英国に比べてかなり低い。 この国のソフトウェア開発者の年収は、経験値によって異なりますが、通常34,983~63,346ユーロとなっています。 他のヨーロッパ諸国と比較して、より手頃な価格でWeb制作の専門チームを雇うことができるのです。

以上が、ブルガリアが御社のソフトウェア開発のアウトソーシング先として最適である主な要因です。

ブルガリアのデベロッパー。注意すべき点は?

開発ニーズに合わせて、この国を選ぶさまざまな理由について考察しました。 では、別の話題に移りましょう。 自社のソフトウェア開発をブルガリアにアウトソーシングする場合、常に念頭に置いておくべきことがあります。

  • 開発者を雇うときは、必ずレビューやリファレンスを十分に調査してください。 開発者の能力や過去の経験を確認するために、過去の作品のサンプルを要求する。
  • プロジェクトを任せる前に、プロセスや予算など、プロジェクトに関するあらゆることについて事前に合意しておくと、開発中に混乱することがありません。
  • 最後に、開発者があなたの会社の文化に溶け込めるかどうか、必要な語学力を備えているかどうかを判断してください。 英語が上手でも、何かと訳が分からなくなることがある。 そのため、選択した開発者と効果的なコミュニケーションが取れるようにする必要があるのです。

ですから、もしあなたが高品質でプロフェッショナルなウェブやアプリの開発サービスを探しているなら、ブルガリアはあなたのリストの最上位に位置するはずです。 企業のソフトウェア開発を委託する先として、最も安全で信頼できる国の一つです。 また、その理由や、同国の開発者を採用する前に考慮すべき点など、さまざまな角度から解説しました。

興味深いリンク:

エントリーレベルのソフトウェア開発者の給与はどのくらいですか?

ブルガリアでのソフトウェア開発に関する詳細情報

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください