高品質なコードを書くには?

高品質なコードを書くには?

前書き

ウェブ開発において、質の高いコードを書くことは、コードの保守や問題の修正に役立つため、非常に重要です。 これにより、チームの新しい開発者は、他のモジュールに影響を与えることなく、新しいコードを書いたり、アプリケーションを拡張するための変更を行うことができます。 良質なコードがあれば、さまざまなプラットフォームで、不具合なく安定して動作する。 異なる時間、異なるプラットフォームで同じ入力を行った場合に異なる動作をする場合、ソフトウェアはうまく機能せず、また信頼性があるとは言えません。 コードの品質を保証し、ユーザーが適用する可能性のあるさまざまな入力を使って頻繁にテストを行うことは、開発者の義務である。

高品質なコードを書くことのメリット

アプリケーションに高品質なコードを使用することには、多くの利点がありますが、そのいくつかを見てみましょう。

1. ソフトウェアを堅牢にする

コードの品質が悪いソフトウェアは、陳腐化し、多額の技術的負債を抱えることになるため、最終的に干上がってしまうのです。 高品質のコードを持つソフトウェアは、エラーメッセージが来ても、アプリケーションを使いやすくすることができます。 適切なコードと堅牢なアプリケーションがあれば、何か起きたときに理解しやすいエラーメッセージを送ることが可能です。

2. 良質なコードは可読性が高い

良いコードであれば、コードの可読性を高めることができます。 これには、明確な表記、適切なインデントなどが含まれます。 高品質なコードであれば、すぐに変更できるので、編集は楽勝になります。 後発のチームは、自分たちのコードを簡単に理解し、必要な編集を行うことができるのです。

3. ソフトウェアの寿命が延びる

どの企業も持続可能なソフトウェアを開発したいと考えており、そのためには高い質感を持つコードが必要です。 また、OSやハードウエアの技術革新は日進月歩であり、ソフトウエアがそれに追従できなければ、その役目を終えてしまうことになります。

4. 技術的負債の減少

ソフトウェア開発にはお金がかかるので、多くの企業は次のアップグレードができるまで、できるだけ長くソフトウェアを使い続けたいと考えています。 質の悪いコードでは、ソフトウェアが失敗する可能性が高くなり、技術的負債を減らすことができます。 そのため、新たな変更が加えられると、開発者は余計な作業をしなければならず、時間やコストがかかってしまう可能性があります。

開発者は納期のプレッシャーを感じ、その仕事量から妥協したり、コードレビューを無視したりすることもしばしばです。 彼らは、コードレビューは時間がかかるし面倒だと考えているので、そのステップを避けるために最善を尽くしています。

高品質なコードを書くには?

コード品質とは、可読性、保守性、再利用性、エラーの起こりやすさ、効率性、モジュール性など、さまざまな属性によって定義される側面である。 さて、本題ですが、質の高いコードを書くにはどうしたらいいのでしょうか? コード品質を考える上で重要なことは、ある事柄を考慮することです。 コードを書くときは、これらを意識して書く必要がありますから、チェックしてみてください。

メンテナンス性

その言葉の通り、時代とともに変化し、バージョンアップするコードをどう作るか。 そして、これも全くバグがないはずです。 クリーンで一貫性のあるコーディング標準に従うことは、保守可能なコードの開発に役立ち、明確で、読みやすく、テスト可能で、一貫性があり、まとまりのある、理解しやすいコードにします。

モジュール性

モジュール化によって、異なるコードの塊が互いにどの程度独立しているかを定義することができるようになります。 ですから、あるコードの塊に変更を加えたときに、ソフトウェア全体がバラバラにならないようにする必要があります。 モジュール化されたコードは、構成する機能のブロックが固定されていなければならないので、ソフトウェアのある特定の機能を変更する必要があるときはいつでも、コードの構造全体に影響を与えることはありません。

再利用性

コードの一部を再利用しなければならないこともあれば、コード全体を完全に書き直さなければならないこともある。 例えば、ユーザー認証が必要なアプリがいくつかある場合、開発者に同じコードベースを使用してログインしてもらうことができます。 もちろん、コードの再利用性の程度は、コードベースとどの程度緊密に結合しているかによって変わってきます。

読みやすさ

開発者に自分のコードの可読性を尋ねれば、彼らのコードは非常に読みやすいと答えるだろう。 しかし、本当に読みやすいのだろうか? ソフトウェア開発プロジェクトに着手している間、開発者は常にコードが日に日に複雑になっていくことを経験しています。 コード行数が日に日に増えていくと、今まで以上に複雑になり、開発者自身ですら、自分が決定したロジックを忘れてしまうかもしれません。 そして、このコードを見た他の人は、今まで以上に混乱してしまうかもしれません。 保守性を容易にするために、コードが読みやすいことが重要である。 読みやすいコードとは、名前変数(説明的で一貫性のあるもの)を持つ短い行のコードです

コードを書くときに守るべきいくつかのルール

これらのルールを意識してコードを書くことで、本当に良いコードを書くことができ、上記のような問題の発生を防ぐことができるのです。

1. スタイルガイドに従う

各プログラミング言語には独自のスタイルガイドがあり、開発者がコードを書くときに犯す間違いについても言及されています。 このスタイルガイドに従うことで、より良いコードを書くことができます。 Googleは、スタイルガイドを開発し、十数カ国語で公開しています。 これらのスタイルガイドには、コードがスタイルに沿うようにするためのエディタ設定やカスタムツールが付属していますので、それに従ってください。

2.コメントとドキュメント

すべてのルーチンの関数やメソッドの最初に、そのルーチンが何をするのか、起こりうるエラーや例外などを説明するコメントを付けるとよいでしょう。 各ファイルやクラスの役割、複雑なコードの手順、各クラスフィールドの内容などを追加しながら、計画的に行う必要があるため、コード自体を開発しながらコメントを追加してください。

3.説明的な名称を挿入する

開発者は、自分が使いやすいように変数名を短くする習慣があります。 誰もが理解できるように、長い説明的な名前を使う必要があるのです。 もちろん、クラス名や型名は音にする、メソッド名には動詞をつけるなど、命名規則もある。

4.過剰設計をしない

開発者の中には、将来のニーズにも対応できるようなコード設計をする傾向もあります。 しかし、それではコードが煩雑になりかねない。何しろ、将来のことは誰にもわからないのだから。 だから、ファクトリーメソッドやパラメタライズドクラス、深い継承階層、高度なインターフェースは、将来的に役立つと思って作らない方がいいんだ。

同様に、コードを書く際にも、エラーをチェックする、コードを短く集中的に分割する、そして何よりも、そのプログラミング言語のフレームワークの慣習を採用する、といったルールがあるのです。

結論

市場に製品をリリースする前に、完全なコードテストを実現することが重要です。 ユニットテストを実行するときは、すべてのコード行が実行されることを確認します。 コードの行を省いてしまうと、ソフトウェアにバグが隠されている可能性があることを知ることができません。

興味深いリンク:

コード品質とは何か、なぜそれが重要なのか?

コード品質を向上させるための一般的なヒントをいくつか紹介します。

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください