Swift vs Objective C:いつ何を使うか?

Swift vs Objective C:いつ何を使うか?

SwiftとObjective Cは、iOSアプリケーションの開発において、多くの開発者に使用されている人気のプログラミング言語です。 どちらを選ぶかは、メリット、デメリット、違いがあるため難しいかもしれません。 iOSアプリケーションの開発に熱心な方、iOS向けモバイルアプリケーションの開発に興味がある方は、どのプログラミング言語が最適なのかを判断できるはずです。

Swiftは2014年にAppleによって開発されましたが、Objective Cは何世紀もの歴史があり、長年にわたってiOS開発者に選ばれてきました。 アプリケーション開発にこれらの言語を使用するかどうかは、いくつかの要因が影響します。 詳しくは記事でご確認ください。

使用するものを決定する際の注意点

プログラミング言語が決まれば、モバイルiOSアプリケーションを成功させることができます。 このセクションで紹介する要素は、モバイルアプリケーション開発プロジェクトにどのプログラミング言語が適しているかを理解し、決定するのに役立ちます。 ここでは、何を使うかを決める際のポイントをご紹介します。 を収録しています:

  • パフォーマンス
  • 符号化速度
  • コミュニティサポート
  • 安定性
  • 安全性
  • 時間短縮
  • インターオペラビリティ
  • スケーラビリティ

1.パフォーマンス

性能は重要な検討事項です。 よりシンプルな構文、コンパイル時の型チェック、メモリ管理、スケーラビリティなどの点から、高い性能を持つ言語をお探しなら、Swiftが適しています。 また、その高効率な構造やツールはObjective Cの2.6倍の速さであり、パフォーマンスを要素として考える場合、この製品を選ぶことができます。

2.符号化速度

Swiftは、開発者がコードをより速く書きたいときに使われます。 この言語はインポートが少なく、コードの記述に厳格なルールがあるため、モバイルアプリの開発に適しているのです。 一方、Objective Cは構文が複雑なため、開発者がコードを書くのが難しく、結果的に開発者のコードが遅くなってしまうのです。

3.コミュニティ支援

プログラミング言語や開発ツールの進歩や成熟は、その開発者コミュニティによって大きく左右される。 コミュニティーの支持を見る限り、30年の歴史を持つObjective Cの方がプログラミング言語として優れているように見えます。

そのため、その頃には、開発者や専門家からなる大規模なコミュニティに成長し、新人やこれから開発する人のために無料のリソースやガイダンスを提供していたのです。 歴史が長い分、Swiftよりも成熟しています。 Swiftのユースケースはまだありますが、成熟に向けて急成長しています。

4.安定性

また、さまざまなプラットフォームで使用する場合のプログラミング言語の安定性も考慮する必要があります。 すべてのiOSのバージョンに対応し、新しいバージョンになるたびに絶えず変更する必要がないものを使いたい場合は、Objective Cを使用できます。この堅牢な性質は、開発者にとって長期にわたって持続可能な言語となります。

Swiftは不安定なプログラミング言語であり、後方互換性をサポートしていないため、バージョンが変わるとすぐに壊れてしまうため、サードパーティーのツールやインテグレーションでしか使用することができません。 言語の成長を妨げる大きな問題の一つです。

5.安全性

コードの安全性を優先するならば、Swiftはエラーが起きにくく、安全でないコードを排除できる、より安全なプログラミング言語といえます。 安全性で知られるアップル社の製品なので、他のプログラミング言語と比べても格段に安全な設計になっています。 Objective Cに比べ、コンパイルが速く、コードを書きながらエラーを修正することができます。

6.時間短縮

プログラミング言語を決めるとき、プログラミングやコーディングのための時間を節約することは重要です。 それならSwiftの方が学習もプログラミングも簡単なので、Swiftを選択すべきです。 Objective Cでコードを書くのは時間がかかり、プログラミングの手間もかかりますが、Swiftのような他の言語では、簡潔な構文でソースコードの保守性が高いため、簡単にコードを書くことができます。

7.インターオペラビリティ

両言語とも相互運用が可能です。 iOSアプリケーションを作成する際、同じコードベース内で両方のプログラミング言語を使用することができます。 Objective CはC言語をベースにしているため、Cとの互換性があり、豊富なCおよびC++のライブラリを活用することができます。 SwiftはC言語と直接の互換性はありませんが、Objective Cを使用してライブラリにアクセスすることができます。 したがって、Objective-Cを使用することで、より良い相互運用性を得ることができます。

8.スケーラビリティ

アプリの設計をやり直すことなく、仕事量が増えても性能が維持されるようなスケーラビリティを誰もが期待しています。 両言語をスケーラビリティの面で比較すると、動的なライブラリ統合によって元のコードベースを維持しやすくなるため、Swiftに軍配が上がるようです。

Objective Cアプリケーションのスケーリングは、複雑な構文、困難な外部ライブラリの統合、コード全体のARCサポートの欠如、その他の要因のために困難です。 そのため、スケーリングが苦手です。

そこで記事では、必要なときに何を使うかを決めるために使えるさまざまなパラメータについて説明しました。 先に述べたように、Objective Cは現代のプログラミング言語であるSwiftよりも古い言語である。 どちらにも長所と短所があります。 これらのプログラミング言語を使って作られたiOSアプリケーションは数多くあります。

これらの要素を考慮しても、Swiftはグローバルに多くの企業で使用されている言語であると考えられています。 後方互換性をサポートすることで、より魅力的な言語となるのです。 Objective Cは信頼性が高く、業界では古くから使われていますが、後方互換性がないため、この言語の市場は縮小しています。 お客様の開発計画に応じて、最終的な判断は常にお客様の手に委ねられています。

興味深いリンク:

SwiftとObjective Cの違いは何ですか?

初めてのiOS向けアプリを作るには?

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください