WebflowとShopifyの比較:いつ何を使うべきか

WebflowとShopifyの比較:いつ何を使うべきか

前書き

ShopifyとWebflowはどちらもeコマースサイトの構築を支援するプラットフォームで、この分野では強力な競争相手だ。 Eコマースの世界は常に変化しており、より多くのアップデートが行われ、人々はシームレスなショッピングを実現するためにより多くの機能を求めている。 このように常に変化するシナリオが、企業に最も需要のあるダイナミックなeコマース・プラットフォームの構築を促している。 どちらにも長所と短所があるが、どのような状況でどちらのプラットフォームを使うべきかを知ることは助けになるだろう。 両者とも真っ向勝負を挑んでいるだけに、こうした状況が選択を左右する。 この記事では、どのプラットフォームが理想的なのか、またどのような目的に適しているのかについて、もう少し掘り下げて説明する。

ウェブフローとは? デザイン中心のウィザード・プラットフォーム

ウェブフローは、CMSのパワーを統合したウェブサイトビルダーであり、開発者がコードを必要とせずにレスポンシブなウェブサイトを構築できる素晴らしいビジュアルデザインツールを備えている。 一方、このプラットフォームは、開発者がコードを使いたいときやそのタイミングに柔軟に対応できる。 このプラットフォームは、その強力なデザインインターフェイスとライブラリで知られており、クリエイティビティの優れたコントロールが可能なストアをお探しなら、ウェブフローは良い選択となるでしょう。

ウェブフローの魅力

それでは、Webflowの複数の強みを紹介しよう。

優れたデザインの柔軟性– Webflowではレイアウトのあらゆる面をカスタマイズできるため、デザインの柔軟性は驚くほど優れています。 このようにして、ブランドのテーマや目標に沿ったユニークな店舗を作ることができる。

驚くべきCMSの統合– このプラットフォームは、動的なコンテンツの管理に役立つ強力なCMSを備えており、製品情報、ブログコンテンツ、その他のコンテンツ関連情報を簡単に管理する自由を与えてくれます。 Webflowのきれいなコード生成機能は、かなり人気がある。

強力なSEOツール– 強力なSEO機能により、デジタルマーケティング担当者はコンテンツマーケティングと検索エンジン最適化を成功させることができます。 また、URL構造、メタディスクリプション、altテキストなどのコントロールも可能だ。

カスタムインタラクションの作成– アニメーションやカスタムインタラクションを作成するためにサードパーティのプラグインに頼る必要はありません。

容易な拡張性 – あらゆるビジネスは時間とともに成長し、その成長に合わせてウェブサイトもトラフィックや製品に対応する必要があります。 ストレージと帯域幅を増やせるプラットフォームを選ぶこと。 ウェブフローはその条件を満たしている。

ウェブフローのあまり魅力的でない機能

何事にもマイナス点はつきものだが、ウェブフローも同様だ。

学習曲線は険しい– Webflowは確かにユーザーフレンドリーだが、Shopifyと比較すると学習曲線は険しい。 開発者は、真のプロのように使えるようになる前に、このプラットフォームを使いこなすためにある程度の時間を費やす必要がある。

取引手数料– 有料プランの取引手数料は、金額がかさむため、販売量の多いビジネスにとっては足かせとなる可能性がある。

Eコマース機能が 不十分 – Webflowは、Eコマース機能に関しては必要最低限のものしか備えていない。 放棄されたカートの回復、ビルトインのマーケティングツール、高度な分析のような広範な機能性と特徴を望むなら、Shopifyを選択する必要があるかもしれない。

広範なエコシステムではない – Webflowは統合の数を増やしているが、その統合は特筆すべきものではない。 サードパーティのサービスを通じて複数のツールやサービスを統合したり、カスタムコードを作成したりすることもできるため、特殊な統合を行う場合にも有効な選択肢となる。

Eコマースの雄、Shopifyを使いこなす

Shopifyは、企業がEショップを作成・管理するのに役立つEコマース専用のプラットフォームです。 世界中のどこからでもeコマースビジネスを運営し、決済処理、在庫管理、発送を優れた方法で管理することができます。 Eコマース機能の包括的なセットと、テーマやアプリの膨大なセレクションがベストな選択であることは言うまでもない。

Shopifyの強み

使いやすさ – コーディングの経験がなくても大丈夫。 Shopifyは開発者にそれを要求しているわけではないので、心配する必要はない。 直感的なインターフェイスとドラッグ&ドロップ機能で、簡単にオンラインストアを構築できます。

スケーラビリティはWebflowよりはるかに優れている –スケーラビリティを念頭に置き、より多くの製品を含める必要がある場合は、Shopifyを信頼してください。 進化するニーズに対応できるため、企業や急成長する企業にとって信頼できる選択肢となります。

強力なeコマース機能– Shopifyは、ビジネスが顧客により良いサービスを提供することを容易にする豊富なeコマース機能を誇っています。 これらの機能には、製品管理、在庫管理、放棄されたカートの回復、内蔵の分析などが含まれる。 だから、大規模な統合は必要ない。

サードパーティアプリと統合の広範なエコシステム– Shopifyのエコシステムは、マーケティングや分析からカスタマイズされたショッピング、より良い顧客関係管理など、幅広い機能をカバーしているため、Webflowよりもはるかに強力である。

広大なアプリマーケットプレイスを持つ– サードパーティ製アプリの素晴らしいコレクションでストアの機能を拡張したり、ストアの特定のニーズに応じてカスタマイズしたい場合、Shopifyでは制限なく簡単にそれを行うことができる。

ビルトイン決済処理– Shopifyは複数の決済ゲートウェイによる決済処理をビルトインしているため、別アカウントや取引手数料は必要ありません。

Shopifyの欠点

デザインの柔軟性 – Webflowはデザインの柔軟性で圧倒的に勝っている。 確かにカスタマイズ用のテーマはいくつかあるが、それだけでは不十分だ。 しかし、Shopifyはそのスケーラビリティ機能で得点を稼いでいる。 このプラットフォームは、複雑な商品カタログや大量販売、高度なフルフィルメント要件に対応できるのだから。

取引手数料がかかる – Shopifyは、先に述べたようにビルトインプロセッシングを備えているが、プラットフォームによっては取引手数料がかかるプランもある。 そしてそれはやがて、あなたの利益を食いつぶしてしまうかもしれない。

サブスクリプション費用 – 月額サブスクリプション費用があり、規模に応じて変更できる。 しかし、販売量が多く、大規模な製品カタログを持つ企業にとっては、これはかなり大きな意味を持つだろう。

最終判断何を選ぶべきか

そのため、WebflowとShopifyの間で究極の選択を迫られることになる。 どちらも強力なプラットフォームなので、ビジネスのニーズと優先順位を考慮する必要がある。 デザインの柔軟性、カスタムブランディングなどを提供するプラットフォームが必要であれば、Webflowは良い選択だろう。 ShopifyはWebflowよりもいくつかの利点があります。例えば、学習曲線が簡単で、特別な技術的な専門知識が必要ないこと、サードパーティのアプリや統合の広範なエコシステムがあること、カスタマイズ可能なメタタグ、サイトマップ、URL構造などの機能を備えた確かなSEO機能があることなどが挙げられます。 先進的な機能、優れたスケーラビリティ、そして強力なエコシステムを備えた、より包括的なeコマースプラットフォームをお探しなら、Shopifyをお勧めします。 あなたのオンラインストアを必要なところへ導いてくれる。

興味深いリンク:

WebflowとShopifyの主な違いは?

Webflow vs Shopify:どちらがeコマースビジネスに適しているか

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください