WPFの利点と欠点?

WPFの利点と欠点?

前書き

以前の記事で、Windowsデスクトップ・アプリケーションを構築するための古く成熟したUIフレームワークであるWinformsの複数の利点について説明した。 その記事では、Winformsの課題と、WPFが徐々に台頭しつつあることについても述べた。 この記事の続編として、WPFについて、そしてこの素晴らしいデスクトップ・プログラミング・フレームワークが持つ利点と課題について、さらに詳しく説明しよう。

WPFはWindows Presentation Foundationの略で、MicrosoftがリッチでインタラクティブなWindowsデスクトップアプリケーションを構築するために開発したグラフィカル・ユーザー・インターフェイス・フレームワークである。WPFはかつてAvalonと呼ばれ、.NET 3.0フレームワークの一部だった。WPFはXMLベースの言語を採用し、さまざまな種類のインターフェース要素を扱うことができる。WPFを使用することで、開発者はスタンドアロンのアプリケーションやWebサイトにダウンロードされるオブジェクトを作成できる。WPFは、ライブラリ、サブシステム、フレームワーク、言語、プログラミングモデル、コントロールのセットと呼ぶことができる。この機能により、開発者はWindowsフォーム・コントロールの代わりにこのテクノロジーを使うことができる。

WPFの利点

ユーザー・インターフェースは素晴らしい

マルチメディア、アニメーション、データビジュアライゼーション、ベクターグラフィックスなど、WPFの幅広いサポートにより、驚くほど豊かなビジュアルを提供することが可能です。

マルチメディアとの緊密な統合

このフレームワークはマルチメディアの統合を可能にし、開発者が複数の独立したテクノロジーを一緒に使うことを可能にする。

XAMLを使ってユーザーインターフェースを定義する

WPFは、XAML(Extensible Application Markup Language)を使ってユーザーインターフェイス、データバインディング、UI要素、イベントを定義することで知られている。 開発者にUIエレメントを自由に作成・デザインさせ、開発者とデザイナーのコラボレーションも成功させる。 また、開発プロセスもより合理的になる。 宣言型言語であるXAMLも学びやすく、使いやすい。

開発者とデザイナーとのより良い関係を促進する。

開発者とデザイナーを結びつけるフレームワークを見つけることができたなら、あなたは幸運だ。 WPFでは、Windowsフォーム・アプリケーションの外観を非常に簡単に、しかもデザイナーの手間をあまりかけずに変更することができます。 開発者は、基本的なコントロールを自由に配置し、コードを実行することが簡単にできる。 デザイナーは、コントロールの配置を変えたり、画像や色、その他の機能を追加したりすることができる。 デザイナーはWPFアプリケーションのスタイルやテーマをデザインし、アプリの外観を変更できますが、プログラマーはコードを再コンパイルする必要はありません。

ビジネス・ロジックとユーザー・インターフェースを簡単に分離

マイクロソフトの狙いのひとつは、WPFの開発でビジネス・ロジックとユーザー・インターフェースを柔軟に結合させることだった。 このフレームワークはまた、WPFでMVVM(Model-View-View-Model)のようなデザイン・パターンを活用することを可能にする。 開発者は、ビジネス・ロジックをユーザー・インターフェースから分離する一方で、アプリ内のコードの全行を簡単にユニットテストすることができる。

業務用アニメーションの可能性

シンプルなアニメーションは、ユーザーにとって使いやすいように、あるいは特定のポイントを強調するために、ビジネス・アプリケーションに組み込まれることがある。 アニメーションは、ユーザーの注意を向けさせたり、アプリケーションをユーザーフレンドリーにするために必要なこともある。 WPFを使えば、これは朝飯前だ。 XAMLを使えば、従来のコードを書く必要がない一方で、動きを簡単に記述できる。

サードパーティと開発者コミュニティによる優れたサポート

WPFには素晴らしいプログラミング・コミュニティがあり、印象的なサードパーティ・サプライヤーがいる。 WPF ToolkitやWPF Power Toysのような興味深いアドオンがあり、素晴らしい商用アプリを作るのに使える優れたコントロールが統合されている。 WPFツールキットには、開発者が試すことができる興味深いツールがいくつかある。

幅広いカスタマイズとテーマ設定

WPFは、ユーザーインターフェースのカスタマイズ性、柔軟性、テーマ設定の可能性でよく知られている。 スタイル、テンプレート、テーマを定義し、エンドユーザーに視覚的に訴えるアプリを作ることができる。 もし開発者が本当に優れた技術を持っていれば、現代的なデザインのアイデアでもそれほど苦労せずに仕事をすることができるだろう。

WPFを使用する上での課題

WPFは素晴らしいツールでありフレームワークだが、越えるべき課題もある。 そのため、採用する前に開発者がそれらを理解していることを確認すること:

急な学習曲線

WPFの学習曲線は、他のGUIフレームワークよりもはるかに険しい。 新しい開発者は、コンセプトやXML、さらにはMVVMを理解し、頭を整理するのに時間がかかるかもしれない。

リソース集約型

ハードウェア・アクセラレーションはWPFの長所であり、よりスムーズなアニメーションやレスポンスの向上を可能にするが、短所もある。 このハードウェア・アクセラレーションは、リソースを大量に消費し、処理能力やメモリを過剰に消費する可能性がある。 これは古いアプリにとっては不利になるかもしれない。

クロスプラットフォームの互換性がない

WPFは主にWindowsベースのアプリケーション用に設計されているため、クロスプラットフォームのアプリケーションを開発したい場合は使用できない。 そのような場合は、Xamarin、Javascript、HTML5、CSSなどの他の選択肢を選ぶ必要がある。

古い文書

WPFのドキュメントは更新されず、コアとなる原則さえも変更されていない。 しかし、高度な機能や直面するかもしれない問題についての最新のガイダンスを見つけるのは容易ではない。 開発者コミュニティに頼るしかないかもしれない。

大規模アプリのデプロイ

WPFアプリケーションはかなり大きく、ダウンロード時に帯域幅とストレージに負担をかける可能性がある。また、グラフィック・アクセラレーション・デバイスのないマシンやローエンド・マシンでは、パフォーマンスが低下する可能性がある。そのため、WPFのサイズとパフォーマンスに対応できるハードウェアを持っていない限り、WPFは否定的な選択となる可能性がある。さらに、WPFアプリケーションは.NETフレームワークのインストールに大きく依存する。もしユーザーが自分のコンピューターにフレームワークをインストールしていないなら、それは問題になるかもしれない。

結論

WPFは実に強力で汎用性の高いフレームワークであり、デスクトップ・アプリケーションはリッチでインタラクティブなユーザー・インターフェースを備えている。 また、複数のWindowsバージョンでアプリケーションを実行できる。 この互換性により、複数のウィンドウズ環境でアプリケーションを実行したい場合に良い選択となる。

しかし、開発者はWPFに伴う課題を十分に認識し、ソフトウェア開発の状況は常に進化していることを理解する必要がある。 それでもなお、WPFがあなたのアプリケーションの長期的な存続に適していると思うのであれば、ぜひそうしてほしい。 まず、自社のアプリケーションに対するニーズの程度と、ソフトウェア開発業界で起きている動きを評価する必要がある。 WPFには、あなたのプロジェクトに役立つ多くの利点がある。 だから、長所と短所を賢く天秤にかけるのだ。

興味深いリンク:

WPFの長所と短所をチェックする

WPFを使うとどんな利点がありますか?

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください