オフショア・アウトソーシング統計トップ10

オフショア・アウトソーシングは、様々なソフトウェア開発会社が競争の激しいデジタル世界で優位に立つために用いる最も効果的な戦略の一つである。 世界中の優秀な人材を見つけることができる。 他国からプロの開発者を雇うことは、多くの費用を節約すると同時に、質の高い仕事を得ることができるというメリットがある。

従って、この戦略を選択すれば、効率アップとコスト削減のチェックボックスにチェックを入れることができる。 オフショア・アウトソーシングの統計を理解することは、正しい道を選び、IT業界には見た目以上のものがあることを知ることにつながる。 じっくりと時間をかけて、記事に掲載されている統計を調べ、ガイドとして利用し、必要であれば専門家に相談してから選択する。

  • 59%の企業がコスト削減のためにアウトソーシング
  • 2019年の世界アウトソーシング市場は925億ドル
  • グローバル・アウトソーシングのトップはインド
  • アウトソーシングは65%増加の見込み
  • 中小企業の37%以上がビジネスプロセスの一部をアウトソーシングしている
  • 企業の60%がアプリ開発を外注
  • 自動化により100万人以上の外注雇用がリスクにさらされる
  • 93%の企業がアウトソーシングを最大限に活用するためにクラウドサービスを導入している
  • アメリカ人の71%がアウトソーシングはアメリカ経済に悪影響を及ぼすと考えている。
  • G2000企業の92%がITアウトソーシングを利用

1.59%の企業がコスト削減のために外注

現在、ソフトウェア開発会社を経営するのは容易ではない。 だから、そのコストを削減する完璧な方法は、仕事の一部を他の安い地域の人々に移すこと以外にない。 前述したように、ほとんどの組織はコスト削減のためにオフショア・アウトソーシングを選択する。 社内スタッフの雇用、給与、運営費など、さまざまな予算の負担を軽減する方法として考えられている。

2.2019年の世界アウトソーシング市場規模は925億ドル

2019年のアウトソーシング統計によると、世界のアウトソーシングサービスの価値は925億ドルに達した。 市場は2018年と比較して8%以上の成長を示した。 しかし、グローバル・アウトソーシング・サービスの金額は、2014年に記録した1,046億ドルを大きく下回っている。 企業がデジタルトランスフォーメーションに対応するため、ITアウトソーシング市場は2023年末までに約1兆3000億ドルを投じると予想されている。

3.グローバル・アウトソーシングのトップはインド

数あるオフショア・アウトソーシング先の中で、インドはソフトウェア開発のアウトソーシング先として最も人気があり、好まれている国である。 優秀な人材、高度な資格を持つ専門家、技術者が豊富なことから、この国は「世界のアウトソーシングの首都」と呼ばれている。 インドのソフトウェア開発産業の多くは、バンガロール、ムンバイ、デリーの各都市に集中している。

4.アウトソーシングは65%増加すると予想される。

これまでの経験からオフショア・アウトソーシングの利点を知っているため、ITビジネスに携わる組織の大半は、ソフトウェア開発プロジェクトのオフショア化を継続する予定である。 パンデミック以降、多くの企業がアウトソーシングの拡大を計画しており、社内にないスキルセットの確保に注力している。

統計によると、この数字は約65%増加しようとしている。 オフショア・アウトソーシングの利点は無視できないほど大きいため、この傾向は今後も続くと予想される。 企業は、オフショアリングによって達成できるコスト削減と効率向上の可能性に、ますます気づきつつある。 これを拡大する予定のない企業はわずか35%である。

5.中小企業の37%以上がビジネスプロセスの一部をアウトソーシングしている。

中小企業は通常、業務プロセスの一部をアウトソーシングしている。 2019年の調査によれば、中小企業の37%以上がそうしている。 また、調査参加者の52%が近い将来、業務プロセスをアウトソーシングする意向を持っているとしている。 これらの数字は、アウトソーシングが中小企業の間でますます普及していることを示唆している。 今後もこの傾向は続くだろう。

6.60%の企業がアプリ開発を外注

ご存知のように、多くの組織はアプリケーション開発をオフショアのアウトソーシング・パートナーに依存している。 専門的なアプリ開発者の需要が高く、給与も高いため、企業はアプリ開発サービスを低コストで提供できる海外のパートナーに頼らざるを得ない。 そして、このレートはさまざまな業界で異なる。 金融サービス業界では、72%の組織がアプリ開発をアウトソーシングしている。 医療分野では、この数字は31%に下がる。

7.自動化によって100万人以上の外注雇用がリスクにさらされる

近年、統計によれば、以前は外注されていた仕事や低いスキルを必要とする仕事はすべて、自動化の危険にさらされている。 テクノロジーの発展が業界に変革をもたらした。 自動化、人工知能、クラウド・コンピューティングはすべて、プロセスの更新につながっている。 今後5年間で、アメリカ、ポーランド、インド、フィリピンなどで約100万人の雇用が失われると言われている。

8.93%の企業がアウトソーシングを最大限に活用するためにクラウドサービスを導入している。

93%の企業が、アウトソーシングを最適化するためにクラウドベースのソリューションを導入しているか、導入を検討している。 このようなソリューションには、特に機密データの保護に関してリスクが伴うが、協調と統制の助けになるかもしれない。 そのため、これらの組織の68%にとって、セキュリティが最大の関心事となっている。

9.アメリカ人の71%がアウトソーシングはアメリカ経済に悪影響を及ぼすと考えている。

世界中の企業がアウトソーシングの恩恵を受けているにもかかわらず、アメリカ人の大多数はアウトソーシングは経済に悪影響を及ぼすと考えている。 アメリカ人の62%が政府による完全禁止に賛成し、71%が悪影響があると考えている。

10.G2000企業の92%がITアウトソーシングを利用

10社中、上位2000社のグローバル企業のうち9社が2019年にプロジェクトを他国にアウトソーシングしている。 これは、約92%の企業が以前からITアウトソーシングを利用していたことを意味し、現在ではその数はさらに増えている。 ITアウトソーシングは、ビジネスプロセスのアウトソーシングよりもはるかに人気があり、G2000企業の59%のみが契約を結んでいた。

上記の統計からも明らかなように、あらゆる規模、あらゆる業界の多くの企業が世界中でアウトソーシングを利用している。 毎年、多くの企業が、ワークフローの一部を処理するために、数千億ドルを投じて他社にアウトソーシングしている。 そのため、先進国の多くの雇用が海外に移転し、発展途上国の経済が活性化する。

興味深いリンク:

2023年、アウトソーシングに不可欠な40以上の統計データをチェックする

究極のオフショア・アウトソーシング統計リスト

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください