シリコンバレーとオフショア・アウトソーシング:企業はいかに利益を得ているか

シリコンバレーとオフショア・アウトソーシング:企業はいかに利益を得ているか

前書き

シリコンバレー(サンフランシスコ)は、将来有望なハイテク新興企業や大手ハイテク企業が集まる土地であり、ソフトウェア開発の様相を一変させたあらゆる技術革新の中心地として発展してきた。 シリコンバレーの企業がオフショア・アウトソーシングに熱心なのは、収益に貢献する複数の方法を発見したからだ。 これらの企業は、シリコンバレーにいることの利点、シリコンバレーで利用可能なインフラを活用することの利点、そして特定のタスクやプロジェクト全体を他国に派遣することの利点など、両方の世界の利点を活用することの利点を発見した。 これらの利点が、シリコンバレーとオフショア・アウトソーシングの間に複雑な関係を築き、企業はこの取り決めから、主に金銭的な利点の面で多くの利益を得ている。

なぜ企業はオフショア・アウトソーシングに目を向けたのか?

企業が外注する理由には、品質が大きな要因となっている。 一方、ソフトウェア開発を社内で行うことが、希望する期間内に高品質の製品を得るための最も効果的な方法であると主張する企業もある(ほとんどの場合、プロジェクトは迅速に完了する)。 そして多くの大企業は、アウトソーシングをうまく活用することが、低コストで高品質の製品を生み出すことにつながると気づいている。

サンフランシスコのソフトウェア開発市場も非常に大きい。 数字は刻々と変化するものだから、ここでは触れない。 とはいえ、米国の他の地域と比較すると、ベイエリアでは活発なハイテク新興企業の数が数倍多い。 高額の給与とは別に、魅力的な特典や株式パッケージ、その他さまざまな福利厚生が用意されている。 にもかかわらず、サンフランシスコでは熟練労働者の確保と定着は容易ではなく、市場の飽和度が高いため、サンフランシスコの企業は常に優秀な人材の確保に苦慮している。 各企業が支払う最高級の給与は、確かにハイテク業界の優秀な人材を惹きつけているが、それがベイエリアの生活費の高さにもつながっている。

サンフランシスコは、生活費に関しては間違いなく全米トップクラスの都市である。 技術系新興企業は、ソフトウェア開発者の人件費を負担し、途方もない額のオフィススペースを借りなければならないからだ。 そのため、莫大な給料を払う必要がなく、才能のある人材を探し始めたのだ。 サンフランシスコのテック・ヴォールトにおける競争により、ほとんどの企業はプロジェクトの一部または全部を他国の有名なソフトウェア開発会社に委託せざるを得なくなっている。 このようなプロジェクトを請け負う企業は、最高のものを提供する方法を心得ており、「雇用主」を常に監視し、プロジェクトの各段階にスピードアップさせる。

オフショア・アウトソーシングのメリットをもたらす多様な要因を検証する

オフショア・アウトソーシングが企業にとって最良の選択肢である理由は数多くある。 チェックしてみてください。

豊富な人材プール

いったんアウトソーシングを決めれば、プロジェクトに適した人材を見つける選択肢はかなり広がる。 多様なスキルセットと専門知識から採用することができる。 そのため、シリコンバレーにいるチームにスキルのギャップがあったとしても、新しい「オフショア」開発者が持つ新技術に関する専門知識で簡単にカバーすることができる。 つまり、長期的に雇う必要はなく、プロジェクトの間だけ雇えばいいのだ。

コア・コンピテンシーに焦点を当てる

特定のプロジェクトでコア・コンピタンスを求めているのであれば、そのスキルを持つ適切なチームを見つけるために時間や費用、リソースを費やす必要はない。 技術的な側面は専門家が管理し、あなたは製品開発や市場拡大など、ビジネスの中核となる側面に集中することができる。 コアコンピタンスに集中し、有利に進めることができる。

柔軟な人材チーム

チームを自由に集めたり、分散させたりできる。 チームがフレキシブルであれば、彼らはスケジュール通りに働きながら、あなたが指定したとおりの結果を出してくれる。 また、たとえ地球の裏側にいても、あなたのスケジュールに合わせて勤務時間を調整することができるし、プロジェクトについて話し合うための電話やミーティングにも応じてくれる。

業務の合理化

バレーにある企業はコアコンピタンスに集中できるだけでなく、業務を合理化し、従業員を縮小し、諸経費を削減することができる。 地球の裏側から専門家を雇い、ベンチマークを設定することで費用を節約しているのだ。

自由に拡大縮小

企業は簡単に規模を拡大したり縮小したりすることができる。 プロジェクト終了後に開発チームを分散させ、プロジェクトのニーズに応じて再雇用することも可能で、多額の固定費を心配する必要はない。 候補者を面接し、スタッフとして雇用し、手当や特典を支払うというプロセスは、従業員を維持するために発生するコストに拍車をかける。

シリコンバレーでアウトソーシングに成功した企業の例

多くの巨大多国籍企業が、他国へのプロジェクトのアウトソーシングに成功しており、現在もそうしている。 インド、ウクライナ、ロシア、南アフリカ、インドネシアなどは、オフショア・アウトソーシングで上位を維持している企業だ。

  • マイクロソフトはインフォシスとソフトウェアアプリ開発、技術支援、データベース管理などの契約を結んだ。
  • グーグルはコグニザント社(インドで設立され、本社はニュージャージー州)にアウトソーシングし、両社の専門スキルにより1000人以上のアドワーズサポートのポジションを提供した。
  • アマゾンは南アフリカにアウトソーシングし、コールセンターサービスを簡単に管理した。 研究開発をウクライナに委託していた。
  • フォード・モーター・カンパニー – フォードは、ソフトウェア開発、ITサービス、カスタマーサポート、バックオフィス業務など、複数のサービスをインドにアウトソーシングした。
  • WhatsApp – WhatsAppの初期段階では、コアアプリの開発とバックエンドを管理していたのはロシアのコーダーだった。

オフショア企業は、アウトソーシングを決定する前に、コア・コンピタンス、人材への迅速なアクセス、スキルの利用可能性、適格な労働力、コスト削減などの要素を考慮する。 社内で大規模なトレーニングを受ける手間をかけることなく、すぐに対応しなければならない短期的なプロジェクトを任せることができるというメリットがある。 企業は、コア・スキルに集中する一方で、その他の業務を専門家に任せることで、ゲームの先を行く競争上の優位性を享受している。

結論

オフショア・アウトソーシングの将来を考えるのであれば、シリコンバレーはもちろん、世界中のあらゆる場所で成長する態勢が整っている。 サイバーセキュリティや人工知能に関する専門的なスキルや知識が求められる中、企業は常にニッチな専門知識を経済的な価格で求めている。 コビッド19以降、分散チームという考え方が強まり、すでに拡大していたオフショア・アウトソーシングの採用が加速した。 仮想ワークスペース、リモートコラボレーションツール、アジャイル手法が広く受け入れられ、利用されるようになったことで、地理的な障壁はもはやなくなり、チームは同じオフィススペースにいるかのようにシームレスにコミュニケーションをとることができる。

興味深いリンク:

シリコンバレーのソフトウェア企業はなぜアウトソーシングするのか?

シリコンバレーの新興企業におけるアウトソーシングの長所と短所

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください