ブラジルでのソフトウェア開発こんなメリットがあります

ブラジルでのソフトウェア開発こんなメリットがあります

ブラジルのソフトウェア開発産業は近年飛躍的な成長を遂げ、アウトソーシング先としてトップクラスの地位を確立しています。 開発者のプロフェッショナルを雇うのに、多くの企業が好んで選んでいる。 ブラジルは、才能のある有望なソフトウェア開発者のプールが大きく成長しており、印象的なインフラ、低い離職率、手頃なサービス料金を持っています。 ソフトウェア開発をそこで行うことを検討する理由はたくさんある。

そのため、専門的なソフトウェア開発サービスを求める企業にとって、この国は魅力的な選択肢となっている。 さらに、ブラジル人開発者は新しい技術を学ぶことに前向きで、困難なプロジェクトにも対応できることが多い。 この記事では、ブラジルでのソフトウェア開発のすべての利点について学びます。

どのような利点がありますか?

ブラジルをソフトウェア開発のアウトソーシング先として検討する主なメリットは以下の通りです。 含まれています。

  • 手頃な価格
  • 高い人材定着率
  • 大規模な人材プールへの参入
  • 信頼性が高く効率的な職場文化
  • 優れた設備による生産性の向上
  • 政府の支援と規制

1.手頃な価格

まず第一の利点は、ソフトウェア開発の価格が手頃であることだ。 アウトソーシングに関しては、価格設定が紛れもなく重要な要素であることはご存じだろう。 ブラジルは、手頃な価格と、実りあるアウトソーシング体験を保証する多くの利点を併せ持つ、非常に魅力的な国です。 コストを大幅に削減しながら、高度な技術を持つ労働力を利用することができる。

2.高い人材定着率

プロジェクトのアウトソーシング先を選ぶ際、しばしば考慮し損ねる重要な要素がある。 プロフェッショナルは、より良い経済的機会を得るために転職する傾向がある。 プロジェクトの継続性が失われるような状況では、引き継ぐ新しい開発者を見つける必要があるため、プロジェクトの遅延やワークフローの混乱が生じる可能性がある。

しかし、ブラジルでは文化的な観点が異なる。 ブラジル人プロフェッショナルは、一般的に雇用主への忠誠心が高いため、アウトソーシング先として望ましい選択である。 このユニークな機能により、プロジェクトを通して同じ開発者と作業できるため、安定性が大幅に向上します。

3.大規模な人材プールへの参入

冒頭で述べたように、ブラジルは開発者を含む多くの有能なプロフェッショナルを誇り、彼らは絶えず新しい技術を学び、卒業していく。 この国には、志望者に質の高い教育を提供する大学や専門学校が幅広くある。 ブラジル人はまた、革新と自己学習を重視することに慣れている。

同国のラテンアメリカ地域には50万人以上の開発者がおり、彼らの教育レベル、実務経験、語学力は競合他社を圧倒している。 さらにブラジルには、優秀な技術者を雇用するITサービス企業が1万社以上ある。

あなたのチームは、ソフトウェア開発プロジェクトの障害を克服するために努力しながら、教育を受け、学び続けることができる。

4.信頼性が高く、効率的な職場文化

ブラジルのソフトウェア開発では、労働文化や環境の違いを心配する必要はない。 この国の労働文化は米国と似ているため、ブラジルへのアウトソーシングでカルチャーショックを受けることはあまりないだろう。 最高位の者が最終的な決定を下すというヒエラルキー的な仕事文化がある。 ブラジルの開発者は頻繁に懸念を口にするが、自分たちの役割は意思決定者を支援することだとも認識している。

ブラジルのチームは、ホスピタリティに富み、良好な職場関係を築いていることで世界的に知られているため、現在のチームとうまく溶け込むことができるだろう。 また、同じような組織で働いた経験があり、一般的な業務や部署間のやり取りを理解しているため、入社手続きの時間を節約することができる。

5.優れた設備による生産性の向上

もう一つの利点は、ブラジルの素晴らしいインフラである。 100を超えるテックパークがあり、そのうちのいくつかは、研究センターが密集し、開発者、ハイテク企業、研究機関が大量に集まっていることで世界的に有名になっている。

この国には成功したハイテク企業もいくつかある。 さらに、ブラジルにはスタートアップの成長を支援するアクセラレーターやインキュベーターが数多くあり、活気あるスタートアップ・エコシステムがある。 数多くの技術カンファレンスやイベントが開催され、起業家たちが出会い、ネットワークを広げる場が提供されている。 ブラジルにダイナミックで活気あるハイテク産業を生み出す一助となった。

6.政府の支援と規制

政府の支援が少ない国は、ソフトウェア開発のアウトソーシングには適さない。 しかし、ブラジルの場合、政治的な環境と経済が成長しているという利点がある。 時間をかけて、ブラジル政府は国のビジネス環境を強化し、ソフトウェア開発部門を推進するための革新的な政策を実施してきた。

研究開発プロジェクトでブラジルの大学と協力したり、ブラジルの企業を雇用したりする企業は、「lei do bem」や「lei da informatica」といったブラジルの法律の恩恵を受けることができます。 そのため、ソフトウェア開発を国内で行うことは有益な行動となる。

大局的な視点から、記事で述べたすべての利点を天秤にかければ、ソフトウェア開発に関してブラジルが傑出した選択肢として浮上する理由がわかるはずだ。 しかし、価格だけで選ぶのは危険である。プロジェクトの成功やチームの生産性に大きな影響を与える可能性のある要素が他にも数多くあるからだ。

十分な情報に基づいた決定を下すためには、インフラ、従業員の定着率、職場文化、希望するアウトソーシング先の人材プールの深さといった要素を考慮に入れることが重要です。 だから、上記のすべての情報を収集し、すべてを考慮して決定する。

興味深いリンク:

ブラジルのソフトウェア開発アウトソーシングの詳細分析

なぜブラジルはソフトウェア開発のリーダーとして台頭したのか?

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください