プロジェクトベースのソフトウェア開発はなぜうまくいかないのか?

プロジェクトベースのソフトウェア開発はなぜうまくいかないのか?

多くのハイテク企業は、ソフトウェア開発プロジェクトを完了させるためにプロジェクト・ベースのアプローチをとっている。 この開発モデルは、前もって解決策を提示し、品質に妥協することなく特定の期間内にプロジェクトを納品することである。 一般的に短期的な目標に焦点を当て、自分が何をしたいのか明確で明確な考えを持っている場合にのみ可能である。

プロジェクトベースのソフトウェア開発は良いものではあるが、すべてのプロジェクトに適しているわけではなく、いくつかのデメリットもあるので、採用する前に知っておく必要がある。 この記事では、このモデルの下で働く際に取るべき手順と、その欠点について説明する。

どのように機能するのか?

先に述べたように、多くの企業がこのアウトソーシング・モデルを採用しており、サービス・プロバイダーも数多く存在する。 プロジェクトベースのソフトウェア開発モデルの下で働く場合の手順をいくつか紹介しよう。

  • 最初のステップは、プロジェクト・ベースのアウトソーシング・モデルのサービス・プロバイダーを、固定契約でプロジェクト全体を雇用することである。
  • そして、プロジェクトの全要件を含め、あなたの頭の中にある開発計画全体を説明する。
  • そして、できる限り具体的な内容、守らなければならない期限、失敗した場合の罰則規定などを盛り込んだ契約書を作成する。
  • プロジェクトの範囲、実行する段階、進捗報告書と完成品の期限をすべて定めなければならない。
  • 採用されたチームは、契約書に記載された計画と期限を厳守する一方で、予期せぬ変更や、事前に定義されたタスクの範囲外の変更は避けなければならない。

プロジェクト・ベースのモデル・サービスを雇うつもりなら、それはあなたのプロジェクトにプラスになる。 それは、企業向けに専門的で経験豊富なリソースを提供できるからである。 彼らは時間通りにプロジェクトを納品し、最初から最後まで責任を持つことができる。 チームの近代化や新技術のトレーニングに予算を割くことが難しい企業にもメリットがある。

うまくいかない理由

ある意味で、プロジェクトベースのアウトソーシング・モデルは、多くの責任を軽減してくれる。 しかし、アウトソーシング、特にこのモデルのデメリットを考慮しなければ、その代償としてかなり重いものを支払うことになるかもしれない。 その中には、要求事項の理解にギャップがある可能性や、要求事項に変更があった場合などが含まれ、その他にも以下のようなものがある。

  • プロジェクトの詳細をすべて把握するのは難しい
  • 要件に関するコミュニケーション・ギャップ
  • 統制のないチーム機能
  • 要件変更に伴うコスト再交渉
  • 共有情報のセキュリティ

1.プロジェクトの詳細をすべて把握するのは難しい

うまくいかない理由の第一は、プロジェクトの詳細を把握するのが決して簡単ではないということだ。 始まる前に細部まで計画しようとすると、とてつもなく難しくなる。 必要なことはすでに分かっていると思いがちで、どんなに徹底的に考え、伝えても、重要でないと思われる点を見落とす可能性は常にある。

最初の仮定に基づいて、マイルストーンを含むスケジュールを作成し、プロジェクトをキックオフする。 しかし、前提条件が間違っていれば、期待されたアウトプットは得られない。 開発が始まってから、プロジェクトが正しい方向に進んでいないことに気づいても、再開するのは非常に難しい。すべての利害関係者がすでに完全な計画に合意してしまっているからだ。 さらに、固定価格契約の大半は、このアウトソーシングの制限に対応している。

2.要件に関するコミュニケーション・ギャップ

もしチームがプロジェクトのゴールや目的についてコミュニケーションに失敗したり、クライアントが不明確なゴールを持っていたりすれば、プロジェクトを成功させることは難しいだろう。 コミュニケーション不足、非現実的な期待、時差、その他多くの要因が、この発展モデルに大きな役割を果たしている。 そうでなければ、双方にとってハッスルである。

3.統制のないチーム機能

チームの機能において、多くのことが制御不能に陥る可能性がある。 チームメンバーの突然の不測の変更や、その他の理由によって起こりうる遅延は、プロジェクトの納期に悪影響を及ぼす。 このようにチームの機能をコントロールできないことが、このモデルによるアウトソーシングの大きなデメリットのひとつである。 また、強力な報告プロセスを設定する責任は、不当にクライアントの肩にのしかかっている。

4.要件の変更に伴う費用の再交渉

業者が要求する金額を支払わなければ、プロジェクトが完了しないという状況に陥るかもしれない。 あなたの仕事は不完全であったり、欠陥があったりする可能性がある。 損失がどの程度になるかは予測できない。 プロジェクトの要件が変更され、コストの再交渉が必要になった場合に起こりうる。

これは、このモデルの明らかな欠点のひとつである。 契約の重要性が浮き彫りになり、この問題の解決策は、契約に有利な条項を残すか、クライアントの利益のために急速に変化するエンゲージメント・モデルに文化的に敏感な組織と協力することである。

5.共有情報のセキュリティ

前述したように、チームは何のコントロールもなく働いている可能性があり、チームに対するコントロールが限られている以上、彼らと共有される企業情報のセキュリティは常にリスクにさらされたままとなる。 このようなモデルを選択するビジネスには、少しもメリットはないだろう。 そのため、デメリットが増え、多くのプロジェクトでこのモデルが機能しない理由を説明することになる。

以上が、プロジェクトベースのソフトウェア開発がうまくいかないと言われるさまざまな理由である。 他のアウトソーシングモデルと同様、メリット、デメリット、改善の余地がある。 その会社がどのような仕事をしているか、どのようなプロジェクトが必要かは、あなたの選択に大きな影響を与えるだろう。 この記事は、あなたが決断を下すための一助となるだろう。

興味深いリンク:

ソフトウェア開発ライフサイクルとは?

ソフトウェア開発に関する詳細情報

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください