成功するSoftware as a Serviceビジネスを構築するための10のヒント

成功するSoftware as a Serviceビジネスを構築するための10のヒント

Software as a Serviceビジネスの成功を考える前に、まずSaaSとは何かを理解する必要があります。 クラウドベースのソフトウェア提供モデルで、ユーザーはウェブブラウザまたはウェブベースのアプリを介してソフトウェアにアクセスします。 世界中のどこからでも、必要なソフトウェアに、より簡単にアクセスできるようになったのです。 サブスクリプションベースの収益モデルであるため、安定した経常収益を生み出し、収益性を高めています。

Software as a Serviceビジネスが長期にわたって成功するためには、献身的で勤勉、計画も慎重で、適応力があり、意欲的であることが必要です。 この記事で紹介する10のヒントは、Software as a Serviceの会社を成功させるために役立つものです。 その内容は以下の通りです。

  • 問題を特定し、解決する
  • 無駄のない事業計画を立てる
  • SaaSのアイデアを検証する
  • 価格モデルについて知る
  • ブランドを発信する
  • ブランドを合法化する
  • 資金を調達する
  • 最小実行可能製品を開発する
  • 強力なSaaSマーケティングとセールス戦略の構築
  • 成功の指標を設定する

1.問題を特定し、解決する

ビジネスを始める最初のステップは、常に問題を特定し、解決策を見つけることです。 だから、取り組むべき問題とそれを軽減する解決策を持つことが、ビジネスでは重要なのです。 結局のところ、ビジネスとは、問題に対する解決策を見つけ、そこから収益を上げることなのです。 解決する価値のある問題を見つける方法はたくさんあります。

  • 一つの方法として、誰よりも上手に問題を解決することでしょう。 もしあなたが誰かの問題を解決し、競合他社よりも優れていて、早く、安くできるのであれば、あなたはSaaSビジネスにおいて良いスタートを切ることができるのです。
  • 2つ目の方法は、自分に関係する問題の解決策を見つけることでしょう。 あなたが始めるSaaSビジネスは、他の誰かの問題ではなく、あなたの本当の問題を解決するものでなければなりません。 自分が悩んだ問題を解決することで、最適な方法で問題を解決することができます。
  • 次の選択肢は、業界の知識を活かして問題を解決することです。 業界におけるプロフェッショナルな経験を活かして、ユーザーの課題を解決することができます。

2.無駄のない事業計画を立てる

あとは、戦略や戦術、ビジネスモデルについて、事業計画を書き上げることです。 書き出しは、戦略セクションで、顧客の問題解決と、その問題に対する解決策(通常は製品やサービス)を説明する必要があります。 また、ターゲットが誰なのかも記載する必要があります。

製品の販売方法、パートナーやリソースのリスト、ビジネスプランにおけるコアチームとその役割について説明する。 また、大まかな予算を立て、ビジネスモデルについて書き、会社がどのように儲けるかを文書化します。

3.SaaSのアイデアを検証する

次のヒントは、ユーザーとのコミュニケーション、競合分析、最小実行可能製品の作成によって、SaaSのアイデアを検証することです。 ユーザーの声を参考に、自分のビジネスプランを見直すことができます。 また、競合他社に目を向けることは、自社の方向性が正しいかどうかを判断する上でも有効な手段です。

最小実行可能製品(MVP)を開発することも、SaaS業界では優秀で不可欠なテスト戦略です。 そうすることで、あなたのアイデアが収益性の高い企業に成長する可能性を評価することができるのです。

4.価格モデルについて学ぶ

SaaS製品は通常、サブスクリプションベースの価格モデルを採用しており、次のステップとして、製品やサービスの様々な価格モデルを検討し、決定することができます。 生涯に一度だけ支払うことも、月々や年単位で継続的に支払うことも可能です。 正式に価格モデルを確立する前に、それをテストし、SaaSビジネスにおける収益への道筋にどのような影響を与えるかを判断することができます。

5.自分のブランドを発信する

次のヒントは、ブランドを目立たせるように位置づけることです。 SaaSの製品や会社がユーザーから注目されるように工夫してください。 ユーザーが製品のビジョンを明確にできるように、ブランドガイドを持つべきである。 競合他社調査を行い、他の競合他社ブランドとは異なるブランドを確立することができます。

6.ブランドを合法化する

SaaS企業を合法化することが次のステップになるはずです。 ブランドが会社を設立する際に守るべき、業界特有のルールや規制があります。 事業構造を明確にした上で合法的に会社登記を行い、事業名を決めてから登記を行う必要があります。 すでに使われていないか、他の企業の名前に近くないか、URLやソーシャルメディアのハンドルネームがまだ使えるかどうかまで確認しましょう。

7.資金を調達する

さて、事業のための資金調達はどうしましょうか。 単独で経営する選択肢もあれば、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルに資金提供を申し出て、すぐに大きな資金を目指すこともある。 ゼロからのスタートは、会社を完全にコントロールすることができ、自分の思うように会社を運営し、誰とでもコラボレーションすることができるという点でスマートです。

8.最小実行可能製品を開発する

SaaSのスタートアップは、まず、必要な機能を備え、ターゲット市場の最も重要な要件に対応したMVP(minimum viable product)を作成します。 製品を広く普及させる前に、テストを行い、初期のユーザーからフィードバックを得ることで、製品を磨き上げ、改善することができます。 SaaS製品の開発には、アジャイル開発手法を用いる必要があります。

9.強力なSaaSマーケティングとセールス戦略の構築

マーケティング戦略の策定も、SaaS企業として成功するための重要なステップです。 有料広告、アフィリエイト関係、積極的なメディア対応、コンテンツマーケティングなどは、製品を販売するための有効な手段です。 これらのテクニックを組み合わせることができます。

10.成功の指標を設定する

成功指標を追跡することは、彼らの健康状態を確認するようなものです。 より適切な判断ができるようになり、多くの推測から解放されます。 重要業績評価指標をモニタリングすることで、どのように成長するか、今がその時期かどうかを判断することができます。 現在および将来の業績を向上させることができる。

ここでは、Software as a Serviceの会社で使える10のヒントを紹介します。 そんなビジネスを始めるのは簡単ではありません。 それを成功させるには、長いプロセスが必要です。 しっかりとしたマーケティング戦略だけでなく、デザイン性の高い製品の明確なビジョンを持っている必要があります。 革新的で俊敏な方法で取り組めば、顧客に価値を提供する繁栄するSaaSビジネスを構築することは可能です。

興味深いリンク:

SaaSカンパニーの仕組みは?

ソフトウェア・アズ・ア・サービスの詳細はこちら

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください