Vue.jsとAngularの比較:より優れたフロントエンドフレームワークは?

Vue.jsとAngularの比較:より優れたフロントエンドフレームワークは?

前書き

ウェブ開発プロジェクトに適した開発フレームワークを選ぶとき、開発者はしばしばつまずく。 適切なフロントエンド・フレームワークを選択することは、結果と成功を決定づける非常に重要な作業である。 プロジェクトの規模や複雑さ、チームの経験など、フレームワークを選ぶ際に考慮すべき要素はたくさんある。 開発者が利用できる多くのフレームワークの中で、VueとAngularは多くの利点があるため、開発者の間で非常に人気がある。

そのため、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれない。 プロジェクトの議論を始める前に、プロジェクト・マネジャーは誰もが自問する。 「どのフレームワークを選ぶべきか、どんなツールや技術が必要なのか。

なぜVueとAngularのどちらを選ぶのか?

c 両者ともMVC(Model-View-Controller)アーキテクチャーに従い、よく構造化されたコードを持っている。

どちらも双方向のデータ・バインディングを備えており、アプリケーションの一部分に変更を加えると、他の部分にも自動的に反映されるため、開発者はより簡単になる。 VueとAngularの両方にとって、大規模で活発なコミュニティがあることも利点だ。 開発者は、自分の知識やスキルを高めるためのリソースをたくさん利用できる。

あなたのプロジェクトにはどれを選ぶべきか?

数年前までは、AngularとReactが競い合っていたが、サードパーティが参入してきた。 その前に、両者には異なる機能と学習曲線を特徴とする異なるライブラリがあることを思い出してほしい。 Vueは経験の浅い開発者に最適で、Angularは大規模で複雑なエンタープライズレベルのアプリに最適だ。 それでも、2人の間には厳しい競争がある。

興味深いことに、VueはかつてGoogleとAngularで働いていた開発者エヴァン・ユーによって2014年に開発された。 このため、2010年にリリースされたAngularと比較すると、かなり若いフレームワークである。

Vueはカスタマイズ性に優れているため、学習曲線ははるかにシンプルだ。 Angularを使用していれば、Vueへの移行は簡単だ。 Vueは、例えばコンポーネントの使い方などの機能性に関しては、AngularやReactと重なる部分がある。 Vueはシンプルで柔軟性が高いが、これは諸刃の剣でもある。なぜなら、経験の浅い開発者がこのフレームワークを使う可能性が高く、その結果、デバッグやテストが困難な粗悪なコードになってしまう可能性があるからだ。

アンギュラー

Angularは、社内の開発者チームによって管理されているオープンソースのウェブアプリケーションフレームワークである。 膨大な機能と高いパフォーマンスで知られている。

ビュー

Vueは先進的なオープンソースのフロントエンドJSフレームワークで、エレガントなデザインとクリーンなスクリプトアーキテクチャで知られています。 Angularにインスパイアされたこのフレームワークは、Angularのより簡単なバージョンになると期待できる。

AngularとVueで考慮すべきパラメータ

パフォーマンス

Angular – Vueよりかさばり、起動が遅くなる可能性がある。 DOM操作において、より優れたパフォーマンスを発揮する。 Angularでは、ブラウザ/アプリでダウンロードして実行する前に、コードをサーバーサイドで完全にレンダリングする必要がある。

Vue – メモリ割り当てのパフォーマンスが向上。 VueはAngularよりも高速で、変更されたコンポーネントだけをレンダリングすることができる。 これによりアプリケーションのパフォーマンスが大幅に向上し、Angularよりも人気がある。

コンポーネントと拡張性

Angular – 非常に明確に設計されたアプリのアーキテクチャを持ち、巨大なアプリケーションに最適です。 だからこそ、Angularは大企業に最適なのだ。 その共通のアーキテクチャが非常に便利なので、何人かの開発者はAngularを好んで使っている。

Vue – あまり構造化されていないが、開発者はこのフレームワークで多くの柔軟性を享受できる。 HTMLやJavascriptファイルを使って、アプリケーションを簡単にカスタマイズできる。

エコシステム

Angular – フレームワークのエコシステムは、開発者コミュニティがフレームワークの内部構造を理解し、最適な方法で使用するのに役立つ。 Angularには組み込みのソリューションがあり、ドキュメントも非常に充実している。 また、歴史が古いため、長年にわたって非常に広範なプロフェッショナル・コミュニティが形成されてきた。

Vue – Vueは非常に熱心な開発チームを持っており、サードパーティのアドオンを使用することができる。 スケーラブルで、アーキテクチャーは軽量だ。

適応性

Angular – これはオールインワンのフレームワークであり、包括的なツールとオプションのセットが付属しており、開発プロセス全体を通して指針として機能する。 フレームワークの構造化されたアプローチにより、Angularは最初から最後まで、作業計画全体をオープンにする綿密なガイド兼プランナーのような役割を果たすことができる。

Vue – このフレームワークは、必要なものを使うことができ、完全なものでなくても、プロジェクトに適応させることができる。 このプロジェクトの先進性と適応性により、作業計画を立てるのが好きな開発者にとっては素晴らしい選択肢となる。

テストとデバッグ

Angular – 優れたテスト手法のおかげで、テストに関してはVueよりも高い評価を得ている。 JasmineやKarmaのようなツールを使って、開発コードを個別にテストすることができる。 開発者は、プロジェクトをゼロから開発し、そのコンポーネントをシームレスにテストできることを気に入っている。 Angularのユニットテストでは、テストのための依存性注入が可能で、これはモック/ダミーデータをコントローラに注入します。 開発者はこのように振る舞いを分析することができる。 さらに効果的なのは、サーバーから偽のレスポンスを返す模擬HTTPプロバイダーがあることだ。

Vue – テストルールが不十分で、Vue用の精巧なツールもない。 しかし、検査能力は単純で効率的だ。 Vueのユニットテスト機能は、他のフレームワークと同様に、Chai、Jest、Mochaを使用する。 Vueは、Vue Test UtilsやVue Testing Libraryのようなライブラリを提供しており、ユーザー固有のAPIやアプリケーションへのアクセスのおかげで、デバッグやコードのデバッグを簡単に行うことができます。 開発者は、より速いフィードバック・ループを利用し、ヒット・リロード機能を利用し、継続的インテグレーションと継続的デリバリー/デプロイメントを可能にすることができる。 等

結論 – この2つをどう考えるか?

したがって、AngularとVueのどちらを使うべきかということになったとき、Angularが複雑で大規模なエンタープライズ・アプリケーションに適したフロントエンド・フレームワークであることを覚えておいてほしい。 Paypa、Forbes、Gamilなどの大手企業がAngularを使用しているのは、動的なアプリインターフェースを作成する機能や、再利用可能なコードによって複数のプラットフォーム向けのアプリケーションを構築できること、スケーラビリティに無限の可能性があることなどが理由だ。

複雑なアプリケーションを開発したいのであれば、Vueを使う必要はない。 複数のコンポーネントを相互リンクできるコードを探している場合、コンポーネントの順番を標準化するのは非常に難しい。 しかし、開発者は複雑なアプリを開発するために、Vueの状態管理ライブラリであるVuexを使うことができる。 これは、複雑なアプリケーションの開発を容易にするために特別に調整されている。

興味深いリンク:

2024年、AngularとVue、どちらのフレームワークを選ぶべきか?

AngularとVue:コアの違い

写真:Canva


著者:Sascha Thattilは、YUHIROグループの一員であるSoftware-Developer-India.comで働いています。 YUHIROは、IT企業、代理店、IT部門にプログラマーを提供するドイツとインドの企業です。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください